掲載者からのお知らせ

クレジットカード以外のお支払い方法は、プロジェクト終了日(8/25)の数日前からご利用いただけなくなります。プロジェクト終了日間近にご注文する際はご注意ください。
■コンビニ払い(セブン)、PayPal
→8/22(月) 23:59まで利用可能
■銀行振込(ペイジー)、コンビニ払い(セブン以外)
→8/23(火) 23:59まで利用可能

小さな本屋『蟹ブックス』を東京・高円寺で開店します

小さな本屋『蟹ブックス』を東京・高円寺で開店します

東京・高円寺駅から徒歩4分の場所に、セレクトした新刊中心の小さな本屋をオープンします。居心地のいい空間で静かに本を探すだけではなく、ギャラリースペースやイベントもあります。
そしてときには古着のリメイクやZINEの制作まで相談できる、ちょっと変わった本屋です。
開店のための資金をご支援ください。どうぞよろしくお願いします。


東京・高円寺駅から徒歩4分の場所に、セレクトした新刊中心の小さな本屋をオープンします。居心地のいい空間で静かに本を探すだけではなく、ギャラリースペースやイベントもあります。
そしてときには古着のリメイクやZINEの制作まで相談できる、ちょっと変わった本屋です。
開店のための資金をご支援ください。どうぞよろしくお願いします。


9月1日に新しくオープンする本屋。店主は花田菜々子です。東京都杉並区高円寺南2-48-11 2F

もっと見る
現在の総額
4,893,017
目標金額
1,000,000
達成
489%
このプロジェクトは、
2022年07月20日に募集を開始し、
420人がパートナーになり4,893,017円を集め、
2022年08月25日に募集を終了しました。

0人登録済み

おめでとうございます。
このプロジェクトは、
2022年07月20日に募集を開始し、
420人がパートナーになり4,893,017円を集め、
2022年08月25日に募集を終了しました。

最新レポート

レポート一覧へ

蟹ブックス、オープンしました!

2022-09-08 20:24:10

オープンから1週間たちました。なんとか順調にやっています。

すでにご存じかもしれませんが、9月1日に無事オープンすることができました。

8月31日のレセプションパーティーから、9月1日、2日は平日にもかかわらず開店時間から途切れることなくたくさんの方にお越しいただき、また、最初の土日もほんとうにたくさんのお客様にお越しいただきました。
取次さんの計算では、この4日間で初期在庫の3割が売れてしまっているとのことでした。すごい!どうりで本が少なくなったような気がしました。気がするどころではなかったですね。というわけで棚がスカスカになってしまったので、あわてて補充発注をしているところです。

9月6日には、お店のはじめてのイベントも行いました。社会学者の岸政彦さんと石岡丈昇さんに、「調査する人生」というテーマでお話をお伺いしました。20人がお店に入るとかなりぎゅうぎゅうでしたが、マイクなしの肉声でも十分に聞こえる狭さなこともあり、より親密で濃い時間を過ごせたように感じました。とてもいい時間になりました。

週明けの平日からはお店の売上も少しずつ落ち着きはじめました。さびしいような、ちょっと焦るような気持ちもありつつ、これでやっと本屋としての日常が始まったのかな、と不思議にうれしい気持ちもあります。今朝はお祝いでいただいた花の枯れてしまったものを片付け、まだ元気なものは統合(?)して花瓶に入れ替えたりして開店前の時間を静かに過ごしていました。

まだまだやらなければいけない仕事も山積みですし、みなさんへのお礼のZINEの制作もこれからですが、こうしてよいご報告ができる日が来たこと、あらためてみなさまへ感謝をお伝えいたします。

本当にありがとうございました。これからも蟹ブックスをよろしくお願いします。

もっと見る
プロジェクト概要

こんにちは。花田菜々子です。
これまで約20年、書店員という形でさまざまな本屋を渡り歩いてきました。

2022年2月にそれまで店長として勤めていたHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEが閉店することになり、これからどうしようと考えていましたが、やはり本屋をやりたい、それも既存の本屋に再就職するのではなく自分の手で本屋をやってみたいと思い、このたび高円寺で本屋を始めることにしました。

2022年9月1日オープン予定です。店舗の住所は東京都杉並区高円寺南2-48-11 2Fです。

自分の生活の拠点である東京の中でも、その街自体に魅力があるところがよいなと思って物件を探していました。具体的には上野・浅草・巣鴨・原宿……などが候補に上がっていました。

しかし、来てもらいやすさと家賃のバランスの兼ね合いの中で探しているうちに、高円寺に「ここは最高すぎる」と思うよい物件が見つかりました。近隣には魅力的な本屋さんも多く、激選区とも言える場所にわざわざ新たに本屋をオープンしてうまくいくのかなという迷いもありましたが、下見や内見などで通うたびに高円寺の街自体が持つ活気に魅力を感じるようになりました。

奥深いカルチャーや読書体験を求めている人が集まる場所でこそできる「よい本屋」を作っていきたいです。

高円寺の南口を出てパルという大きなアーケード商店街を抜けてすぐの場所、小さなビルの2階です。駅から徒歩4分、雨の日や日差しが強い日にもそれほど雨や日にあたらずに来れます。階段しかないのがちょっとだけつらいところですが、上がってきてもらえたらうれしいです。

やさしい自然光の入る約12坪の空間です。淡いグリーンの壁もいいかんじです。
扱うのは古書ではなく、新刊を取り扱う書店です。といっても総合的な品揃えではなく、

「眺めているだけでワクワクした気持ちになれる本」

「自分や他者のことをもっと深く知るための本」

「いま生きているこの社会がどうしたらもっといいものになるのかゆっくり考えるための本」

そういうものを中心にセレクトして、来てくださった人にご紹介できるような本屋にしたいと思っています。当然ですがヘイト本は置きません。それから、ちょっとした文具や雑貨も少し取り扱いたいなと思っています。

店内には、小さな空間ですが、ギャラリースペースも常設します。作品の展示を通じて、さらに新たな出会いをご提供できればと思っています。また、夜は10名~20名程度の小さなイベントを多数行なっていきたいと考えています。気になる本の著者さんを呼んでお話を伺ったり、読書会や対話の会、ときにはお酒を飲んだり、ゲームをしたり、瞑想したりするようなイベントもやりたいです。イベントを開催したい個人の方への場所貸しもさせていただきます。

配信イベントや通販は今のところ考えておらず、リアルな場を大事にしたいと思っています。

1979年東京生まれ。
2003年に遊べる本屋『ヴィレッジヴァンガード』にアルバイト入社し、2006年から店長として宇都宮、京都、下北沢、川崎、横浜……と転々として勤務していました。ヴィレッジヴァンガードは本と雑貨が中心の店でしたが、日々仕事をする中で、自分は雑貨よりも本を売ることが好きだという気持ちが育っていきました。が、その頃ヴィレッジヴァンガードは地方のショッピングモールへの出店がメインになっていったこともあり、雑貨メインの小売店になっていきました……。自分はもっと本を売る仕事がしたい、と考え、その後は『蔦屋家電 二子玉川」』のブックコンシェルジュ、『パン屋の本屋』の店長、そして『HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE』の店長、という形で本を売る仕事に関わり続けてきました。

また、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、2013年頃の自分の体験をほとんどそのまま綴った『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』という本を2018年に刊行させていただきましたところ、ありがたいことに多くの方が手に取ってくださいました。WOWOWでドラマ化もしていただきました。

正直言って、いわゆるこの「軍資金」がなければ開店には踏み切れませんでした。本を買ってくださった皆様、あるいは売ってくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。

実はこの本屋はひとりでやるわけではなく、あと2人のスタッフがいます。

彼女たちはHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEのときにもいっしょに働いてくれていた仲間です。彼女たちはいっしょに店頭に立つだけではなく、それぞれに別の仕事を持っています。

そして本屋のレジカウンターは別の仕事の受付カウンターでもあります。つまり、それぞれがシェアオフィス的にばらばらの仕事をしながら本屋もいっしょにやっていくというスタイルです。彼女たちへの仕事の依頼もぜひお待ちしています。


柏崎沙織(かしわざき・さおり)
1988年、青森県八戸市生まれ。
フリーのグラフィックデザイナーとして活動中。得意ジャンルは本と映画。主な仕事に書籍『たどり着いた夏』(橋本亮二 著)『いくつかの条件』(花本武 著)の装丁など。エア本屋「いか文庫」のメンバー・バイトぱん、森岡書店スタッフとしても活動中。
*『蟹ブックス』カウンターでは名刺やショップカードの作成から、フライヤー、ZINEなどの制作のご相談を承ります。


當山明日彩(とうやま・あずさ)
1990年、沖縄県那覇市生まれ。
アクリル画を中心とした平面と立体作品のアート活動の他、フリーのお直し屋『A面』としても活動中。
*「蟹ブックス」カウンターでは集めた古着で新たな服を再生したり、かんたんなボタン付け、ほつれやサイズ直し、ポケット付け、特別な衣装のオーダーメイド制作のご相談も承ります。

「本屋は儲からない」という言葉を言われ飽きて早20年、本を売ることで得たお金でなんとか生活を続けてきた自分ですが、しかしそれでも自分の事業として改めて試算してみるとまじまじと本屋の儲からなさが身にしみます。実店舗をかまえて、新刊本を売るだけで生計を立てることは、実際のところなかなか難しそうです。

なので本の販売だけでなく、上でもご案内したとおり、雑貨の販売、ギャラリースペースの貸し出し、イベント、店内でのかんたんな飲み物の提供、有料メールマガジン……とあらゆる手立てを考えています。

また、スタッフ紹介のところでもお伝えしたとおり、3人でシェアオフィスとしての家賃を負担してそれぞれの仕事をしながら(私、花田も書評などの執筆活動を続けていくつもりです)本屋を運営し、店番もするという仕組みにしました。これにより店の家賃負担が減り、店番負担が減り、週7日で店を開け、みんなで助け合って楽しく働きながら、3人の個性が混じり合っていい本屋ができる……と、いろいろつめこんだ計画でなんとかやっていこう、やっていけるかもしれない、と考えています。

ここまでご紹介したようにさまざまな方向で本屋の運営を持続させるお金の仕組みを考えていますが、そもそも本屋をオープンするのに莫大なお金がかかります。
ざっくりですが、
・・・・・・・
*不動産屋への初期費用→100万円
*内装・照明・什器などの設備→300万円
*取次への保証金→100万円
*本の初期在庫仕入れ→300万円
*その他備品・消耗品などの準備→100万円
・・・・・・・
こうして改めて書き出すだけで身震いがするほど、お金が湯水のごとく手からこぼれ落ちていきます。というわけでこのたびクラウドファンディングでの応援をお願いすることにしました。お力添えをいただければうれしいです。

ご支援いただいたお金は内装や初期在庫のために使わせていただきます。

本屋をやるのは大変で儲からないのに、なぜやるのか。

それはやっぱりとてもシンプルで「本屋が好き」だからに他ならないし、もっと言ってしまえば自分には本屋以外考えられないからです。

自分の好きな本や読みたい本に囲まれている「書斎」ではなく、わざわざ「本屋」にしたいのは、本を売ることが好きだし、知っている人や知らない人が立ち寄ってくれて、なにかちょっとした会話をしたり、自分がいいなと思っている本を見つけてもらったりする空間そのものが好きなのだと思います。いっしょにその本屋を作ってくれる仲間にも恵まれ、今がそのタイミングだと思いました。

本屋を始めるために、続けていくために、応援をいただければ大変励みになります。
来てくださるお客さまと直接顔を合わせて、たくさんいい本をご案内させていただく日が来ることを楽しみに、準備をすすめてまいります。

どうぞお力添えをよろしくお願いします。

●「メッセージカード」コース:3,000円

【内容】
お礼のカードを郵送にてお送りします。


●「メッセージメール」コース:3,000円

【内容】
「メッセージカード」コースの、住所や本名を知られたくない方のためのコースです。お礼カードを掲載者よりメールにてお送りします。


●「ZINE」コース:5,000円

【内容】
オープン記念スペシャルZINE「蟹ブックスができるまで」(非売品)をお送りします。


●「日記+ZINE」コース:10,000円

【内容】
・花田の2021年12月から2022年9月のオープン前日までをまとめた約10万字の書籍「本屋閉店開店日記」(非売品)
・「蟹ブックスができるまで」

上記を2点をセットでお送りします。


●「BIG LOVE」コース:15,000円

【内容】
・「蟹ブックス」オリジナルロゴ入りトートバッグ
・「蟹ブックスができるまで」
・「本屋閉店開店日記」

上記を3点とお礼の「メッセージカード」をセットでお送りします。
※トートバッグのサイズは決定次第こちらでご案内いたします。


●「HUGE LOVE」コース:30,000円【限定数:20】

【内容】
・オープン前日の8月31日(水)レセプションパーティー参加券
・「蟹ブックス」で使える1,000円分の商品券(有効期限1年間)
・オリジナルロゴ入りトートバッグ
・「蟹ブックスができるまで」
・「本屋閉店開店日記」

上記を5点をセットでお送りします。
※店舗住所:東京都杉並区高円寺南2-48-11 2F
※レセプションパーティーは8月31日(水)17時〜21時、「蟹ブックス」店内で行います。入退場自由ですのでご都合のよい時間にお越しください。入口にてスタッフに注文IDまたはお名前をお伝えください。当日お越しになれなかった場合も返金や代替のお返し品などのご用意はございません。ご了承ください。
※注文IDの確認方法について:ログイン後、サイト右上丸アイコンを選択 →「注文一覧」にてご確認いただけます。
※1,000円分商品券について、有効期限は店舗オープンより1年間(※2023年8月31日まで)とさせていただきます。期限過ぎた商品券はご利用いただけません。また、有効期間中に店舗が閉店してしまった際も商品券のご利用は無効とさせていただきます。ご了承ください。


●「おすすめ本つき往復書簡」コース:100,000円【限定数:10】

【内容】
・「HUGE LOVE」コースの内容全て
・花田との往復書簡3回分セット

いただく手紙は短くても長くても大丈夫です。
花田からお送りする手紙には毎回あなたへのおすすめ本1冊とミニギフトがついています。
※3回のやりとりで合計【本3冊、ミニギフト3点、手紙3通】をお送りします。
<往復書簡についての注意>
※書籍代・選書代・送料はお返し価格に含まれています。
こちらへの手紙の切手代のみご負担ください。
書籍は1,000〜2,000円の商品1冊を予定しています。
※すでに持っている本の場合も基本的に交換には応じられません。
※手紙の3往復は2022年9月1日より2023年3月31日までで終了とさせていただきます。
※対象期間中に店舗が閉店してしまった際、その時点で終了とさせていただきます。予めご了承ください。
手紙の内容は、すすめてほしい本のリクエスト、お悩み相談、最近思っていること……何でも大丈夫です!手紙書くの好きなので、楽しく文通しましょう。


<and more…>

「心付け」がございます。
「蟹ブックス」への想いを「心付け」として購入金額に上乗せして贈ることが可能です。なお、10,000円のお返しに10,000円を心付けされても20,000円分のお返しを受け取ることはできず、10,000円のお返しのみ受け取ることが可能です。

例えば、【お返し合計額10,000円+心付け10,000円+システム利用料(500円+330円)=20,830円】といった購入方法も可能ですので、どうぞご検討ください。
※心付けに手数料はかかりません。


<実施スケジュール>

【プロジェクト募集期間】
2022年7月20日(水)17時00分〜2022年8月25日(木)23時59分59秒

【レセプションパーティー】
2022年8月31日(水)
※お返し購入のパートナーと関係者のみご参加いただけます。

【蟹ブックス オープン】
2022年9月1日(木)12時〜

2022年10月〜12月にてお返しを順次発送いたします。


<FAQ / 質問事項>

※お申し込み前に必ずお読みください。
■本プロジェクトは<All-in方式>で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、お返しをお届けします。
■全てのコースは「消費税込 / 送料込み」の価格です。
■カート機能がありますので、一度の決済で複数のお返しコースを選択することができます。
■お申し込みいただいた後のキャンセル・コース変更等はいたしかねますので、予めご了承ください。
■プロジェクトの実施およびお返しに関するご連絡は、公式SNSほか、プロジェクト掲載者よりメールまたはサイト内の通知にてお知らせいたします。ご購入後は定期的にメールまたは通知のチェックをお願いいたします。
■新型コロナウイルスの感染拡大対策の影響により、一部地域へのお届けに遅れが発生する可能性がございます。予めご了承ください。

▼ユーザー登録について▼
Q:お返しの購入にユーザー登録は必要ですか?どのように購入すれば良いですか?
A:うぶごえのユーザー登録(無料)が必要となります。(お持ちのメールアドレス、またはGoogle・Twitter・Facebook・LINEアカウントにてご登録いただけます)

*ユーザー登録時にURL付きの認証案内メールが送信されますので、ご登録前に予め、以下のご確認をお願いいたします。
・登録時に入力したメールアドレスが間違っていないかのご確認
・「迷惑メールフォルダ」に格納されていないかのご確認
・「迷惑メールフィルタ」機能でブロックされていないかのご確認
・@ubgoe.com のドメイン受信設定
・URL付きメールの受信設定

新規登録後、うぶごえよりご登録のメールアドレスに認証URLが記載されたメールが送信されますので、24時間以内に認証URLをクリックいただき、ユーザー登録を完了させてください。

ユーザー登録後にご希望のお返しをカートに入れていただき、お返しの選択が完了したらカートへお進みください。(ユーザー登録のヘルプページはこちら
ご購入時は決済が完了するまでページを移動(ブラウザバックなど)しないようご注意ください。

▼お返しの購入について▼
Q:お返しを誤って購入しました。キャンセルはできますか?
A:原則キャンセルはお受けできません。よくご検討の上でのご購入をお願いいたします。もし間違って購入されてもキャンセル処理は出来ませんので予めご了承ください。少しでもご不明点がある場合は、うぶごえのメッセージ機能を利用し、プロジェクト掲載者へご質問をお願いいたします。(プロジェクト掲載者への質問方法

Q:品切れになった在庫の追加(復活)などはありますか?
A:うぶごえの都合で追加(復活)させることはございません。
しかしながら、例えばパートナー(購入者)が「支払いに失敗」または「コンビニ支払い・銀行振込で支払い期限までに支払いが行われなかった」場合は、確保した在庫が自動で復活します。
この場合、パートナーの購入申し込み日によって、復活するタイミングは異なりますので、うぶごえ・掲載者からのアナウンスは行うことができません。予め、ご了承くださいませ。

Q:お返しの価格に消費税・送料は含まれていますか?
A:含まれた価格になっています。しかし、例えばパートナーが入力した住所に誤りがあり、再度掲載者が発送しなければいけない時など、掲載者に想定外の費用負担が生じた場合は、掲載者からパートナーに別途で請求を行う場合があります。

Q:お返しの価格以外に手数料はかかりますか?
A:システム利用料として、お返し合計額の5%相当額+330円を頂戴いたします。
例1)お返し合計額3,000円(心付け0円)+システム利用料(150円+330円)=3,480円
例2)お返し合計額3,000円+心付け1,000円+システム利用料(150円+330円)=4,480円
※心付けに手数料はかかりません

Q:支払い方法は何がありますか?
A:クレジットカード・銀行振込・コンビニ(支払い)・PayPalからお選びいただけます。
ご利用の支払い方法によりそれぞれ注意事項がございますので、下記ヘルプページをご確認ください。
クレジットカード支払いについて
コンビニ支払いについて
銀行振込(ペイジー・専用口座に振込)について
PayPalについて(目標金額達成後、弊社審査完了後にご利用が可能となります。)
※クレジットカード支払いについて、3Dセキュア認証が非対応のクレジットカード(バンドルカード、メルペイのバーチャルカードなど)はご利用いただくことができません。(3Dセキュア認証について

【重要】コンビニ・銀行振込・PayPalは利用可能期限が設けられており、プロジェクト終了の数日前にご利用いただけなくなります。また、コンビニ・銀行振込はプロジェクト終了間近にご注文いただいた場合、お支払い期限は通常より短くなりますのでご注意ください。

本プロジェクトの終了日時:2022/08/25(木) 23:59 
■銀行振込 専用口座に振り込み
利用可能期限:08/20(土) 23:59(終了日を含む6日前)
支払い期限 :08/24(水) 23:59
■銀行振込 ペイジー
利用可能期限:08/23(火) 23:59(終了日を含む3日前)
支払い期限 :08/23(火) 23:59
■コンビニ支払い セブンイレブン
利用可能期限:08/22(月) 23:59(終了日を含む4日前)
支払い期限 :08/23(火) 23:59
■コンビニ支払い セブンイレブン以外
利用可能期限:08/23(火) 23:59(終了日を含む3日前)
支払い期限 :08/23(火) 23:59
■PayPal
利用可能期限:08/22(月) 23:59 (終了日含む4日前)
※それぞれ支払い期限に間に合わなかった場合、購入はキャンセルされます
(クレジットカードは08/25(木)23:59:59まで利用可能)

Q:購入が完了しているか確認できますか?
A:ログイン後、サイト右上丸アイコンを選択 →「注文一覧」にて、「支払い済み」となっておりましたらご購入が完了しております。
「支払い待ち」「決済処理中」の場合は表示に従い決済を完了してください。
*決済を完了しない場合、一定期間にて自動キャンセルとなります。
購入履歴のステータスに関しては下記ヘルプページをご参照ください。
注文・購入履歴の確認方法について

▼その他▼
Q:購入したお届け先の変更(修正)はどのようにしたら良いでしょうか。
A:サイト右上にございますユーザーマイページ内の「注文一覧」より「詳細を見る」→「お届け先」→「確認する」より変更可能です。
制作、発送準備との兼ね合いにより変更可能期限を2022年8月30日(火)終日までとさせていただきます。

Q. その他の質問(うぶごえの利用方法について)について
A.以下によくある質問のヘルプページを記載します。合わせてご確認ください。
支払い方法について
お返しの注文・購入時について
購入後に選択肢や入力内容などを修正するには
プロジェクト掲載者への質問方法

うぶごえの利用方法等についてはこちらからお問い合わせください。
その他、こちらのヘルプページもご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材は
こちらよりお問い合わせください。

最近のレポートレポート一覧へ

蟹ブックス、オープンしました!

2022-09-08 20:24:10

オープンから1週間たちました。なんとか順調にやっています。

すでにご存じかもしれませんが、9月1日に無事オープンすることができました。

8月31日のレセプションパーティーから、9月1日、2日は平日にもかかわらず開店時間から途切れることなくたくさんの方にお越しいただき、また、最初の土日もほんとうにたくさんのお客様にお越しいただきました。
取次さんの計算では、この4日間で初期在庫の3割が売れてしまっているとのことでした。すごい!どうりで本が少なくなったような気がしました。気がするどころではなかったですね。というわけで棚がスカスカになってしまったので、あわてて補充発注をしているところです。

9月6日には、お店のはじめてのイベントも行いました。社会学者の岸政彦さんと石岡丈昇さんに、「調査する人生」というテーマでお話をお伺いしました。20人がお店に入るとかなりぎゅうぎゅうでしたが、マイクなしの肉声でも十分に聞こえる狭さなこともあり、より親密で濃い時間を過ごせたように感じました。とてもいい時間になりました。

週明けの平日からはお店の売上も少しずつ落ち着きはじめました。さびしいような、ちょっと焦るような気持ちもありつつ、これでやっと本屋としての日常が始まったのかな、と不思議にうれしい気持ちもあります。今朝はお祝いでいただいた花の枯れてしまったものを片付け、まだ元気なものは統合(?)して花瓶に入れ替えたりして開店前の時間を静かに過ごしていました。

まだまだやらなければいけない仕事も山積みですし、みなさんへのお礼のZINEの制作もこれからですが、こうしてよいご報告ができる日が来たこと、あらためてみなさまへ感謝をお伝えいたします。

本当にありがとうございました。これからも蟹ブックスをよろしくお願いします。

もっと見る

トートバッグのデザインが完成しました!

2022-08-16 12:30:00

「BIG LOVEコース」および「HUGE LOVEコース」、「往復書簡コース」のお返しのひとつとして作成中のトートバッグですが、デザインが完成しました!

こちらもロゴ同様に漫画家の香山哲さんに描き下ろしていただいたスペシャルな絵柄です。
蟹のとある1日をコミック風に描いていただきました。

しっかりした生地で、雑誌もゆとりを持って入る大きめのサイズです。パートナーのみなさんにお届けするのが楽しみです。
完成までもうしばらくお待ちください。

もっと見る

蟹ブックスの名前の由来

2022-08-03 12:00:00

蟹ブックスというお店をオープンします!とお伝えしてから約2週間ほどになりますが、今までいちばんよく聞かれたのが「なんで《蟹》なんですか?」という質問です。

正直に申し上げまして、あんまりちゃんとしたかっこいい理由はないです。なので聞かれるたびにしどろもどろになってしまうのですが、かといって「理由は特にない」と伝えると釈然としない空気になってしまうので、できるかぎりのところで『蟹ブックス』に決まった理由をお伝えします。

まず、蟹のビジュアルが単純にいいなと思ったからです。甲殻類だけどどこかかわいくて、でもかわいすぎず、ハサミはかっこよいけど、前に突進してくるのではなく横歩きで、そんなに怖い感じじゃない。いつもピースで平和そうだけど簡単には屈しない強さもあるように見えて、「蟹はいいよね」というところでは三人の見解は一致していました。

それから、かっこよすぎる硬派な店名はこの店のコンセプトに合わないと思っていたので、ダサかわいくて親しみやすい名前のほうがいいなと思っていました。他にも、呼びやすい、検索しやすい、他の書店の屋号と被らない……といろいろな条件と照らし合わせて考えたときに『蟹ブックス』はいいな、しっくりくるな、と思ったので蟹ブックスにしました。

ちなみに食べ物としての蟹はそこまで特別に好きではないです。というか、あんまりちゃんと食べたことがない。いつかすごい蟹を食べてみたいです。

もしどなたかから「なんで蟹ブックスなんだろうね」と聞かれることがあれば「蟹ってなんかいいから、みたいな理由らしいよ!」と伝えていただければうれしいです。

もっと見る
蟹ブックス

9月1日に新しくオープンする本屋。店主は花田菜々子です。東京都杉並区高円寺南2-48-11 2F

もっと見る
お返しを選ぶ
このプロジェクトは、All-in方式です。
目標金額の達成に関わらず、2022年08月25日 23:59までに決済完了した時点で、注文が成立します。
「メッセージカード」コース
3,000
残り:無制限

【内容】
お礼のカードを郵送にてお送りします。

もっと見る
パートナー:30人
お届け予定日:2022年10月〜12月にて順次発送
終了
「メッセージメール」コース
3,000
残り:無制限

【内容】
「メッセージカード」コースの、住所や本名を知られたくない方のためのコースです。お礼カードを掲載者よりメールにてお送りします。

もっと見る
パートナー:17人
お届け予定日:2022年10月〜12月にて順次発送
終了
「ZINE」コース
5,000
残り:無制限

【内容】
オープン記念スペシャルZINE「蟹ブックスができるまで」(非売品)をお送りします。

もっと見る
パートナー:65人
お届け予定日:2022年10月〜12月にて順次発送
終了
「日記+ZINE」コース
10,000
残り:無制限

【内容】

・花田の2021年12月から2022年9月のオープン前日までをまとめた約10万字の書籍「本屋閉店開店日記」(非売品)
・「蟹ブックスができるまで」

上記を2点をセットでお送りします。

もっと見る
パートナー:220人
お届け予定日:2022年10月〜12月にて順次発送
終了
「BIG LOVE」コース
15,000
残り:無制限

【内容】
・「蟹ブックス」オリジナルロゴ入りトートバッグ
・「蟹ブックスができるまで」
・「本屋閉店開店日記」

上記を3点とお礼の「メッセージカード」をセットでお送りします。
※トートバッグのサイズは決定次第こちらでご案内いたします。

もっと見る
パートナー:65人
お届け予定日:2022年10月〜12月にて順次発送
終了
「おすすめ本つき往復書簡」コース
100,000
残り:6個

【内容】
・「HUGE LOVE」コースの内容全て
・花田との往復書簡3回分セット
いただく手紙は短くても長くても大丈夫です。
花田からお送りする手紙には毎回あなたへのおすすめ本1冊とミニギフトがついています。
※3回のやりとりで合計【本3冊、ミニギフト3点、手紙3通】をお送りします。

<往復書簡についての注意>
※書籍代・選書代・送料はお返し価格に含まれています。
※こちらへの手紙の切手代のみご負担ください。
※書籍は1,000〜2,000円の商品1冊を予定しています。
※すでに持っている本の場合も基本的に交換には応じられません。
※手紙の3往復は2022年9月1日より2023年3月31日までで終了とさせていただきます。
※対象期間中に店舗が閉店してしまった際、その時点で終了とさせていただきます。予めご了承ください。
※手紙の内容は、すすめてほしい本のリクエスト、お悩み相談、最近思っていること……何でも大丈夫です!手紙書くの好きなので、楽しく文通しましょう。

もっと見る
パートナー:4人
お届け予定日:アイテムによってお届け日が異なります。本文のお返しについてをご確認ください。
終了
「HUGE LOVE」コース
30,000
残り:0個

【内容】
・オープン前日の8月31日(水)レセプションパーティー参加券
・「蟹ブックス」で使える1,000円分の商品券(有効期限1年間)
・オリジナルロゴ入りトートバッグ
・「蟹ブックスができるまで」
・「本屋閉店開店日記」

※店舗住所:東京都杉並区高円寺南2-48-11 2F
※レセプションパーティーは8月31日(水)17時〜21時、「蟹ブックス」店内で行います。入退場自由ですのでご都合のよい時間にお越しください。入口にてスタッフに注文IDまたはお名前をお伝えください。
当日お越しになれなかった場合も返金や代替のお返し品などのご用意はございません。ご了承ください。
※注文IDの確認方法について:ログイン後、サイト右上丸アイコンを選択 →「注文一覧」にてご確認いただけます。

※1,000円分商品券について、有効期限は店舗オープンより1年間(※2023年8月31日まで)とさせていただきます。期限過ぎた商品券はご利用いただけません。また、有効期限内に店舗が閉店してしまった際も商品券のご利用は無効とさせていただきます。ご了承ください。

もっと見る
パートナー:20人
お届け予定日:アイテムによってお届け日が異なります。本文のお返しについてをご確認ください。
限定数終了

FAQ

Q. 支払い方法を教えて下さい

A.

クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/American Express/(Diners Club ※一時停止中))、銀行振込(ATM、ネットバンキング)、銀行振込(専用口座に振込)、コンビニ決済(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、セブンイレブン)、PayPal(ペイパル)をご利用いただけます。

Q. プロジェクトやお返しについて質問をしたい

A. プロジェクトやお返しに関するご質問は、プロジェクト掲載者へサイト内のメッセージ機能を利用して直接お問い合わせください。

Q. キャンセルは可能ですか?

A. 変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。各プロジェクト掲載者へ直接お問い合わせください。

Q. クレジットカードの決済はいつ行われますか?

A. このプロジェクトは、All-in方式です。注文時に決済が行われます。

Q. 目標金額を達成しなかった場合、どうなりますか?

A. このプロジェクトは、All-in方式です。目標金額の達成に関わらず決済した時点でプロジェクトが成立します。